いびきが起こるのも様々な原因があることを学び理解することが解決への一歩です

サイトマップ

トップバナー

喉や鼻等が原因のいびき

いびきをかく方は本当に数多いですが、その原因と効率的な対策法をご存知でしょうか?ここでは、いびきの原因と対策法をいくつかご紹介していきます。まず、いびきの原因は、上気道が狭くなってしまうのが直接的な原因ですが、この上気道が狭くなる理由は多くあります。対策をとるには、自分がどんな原因でいびきをかいているのかがわかっていないと、実はなにもできないのです。まず最初に、あなたのいびきの原因を知り、それを取り除いてゆくことで改善できるのです。それでは、 いびきの原因になっているものをご紹介していきます。

まず、なんといっても、喉や鼻になにかしらの病気を持つ人が、いびきをかきやすいのです。 喉の場合、よく起こりがちな扁桃腺の腫れが原因でも、いびきをかきやすくなります。 アデノイド(咽頭扁桃)の腫れも同じになります。また、生まれつき口蓋垂が大き い人も、睡眠時の呼吸がうまくいかないことが多いので、いびきの原因となっています。まず、 これらをいびきの代表的な原因として知りましょう。

生あくび
鼻の病気

鼻がいびきの原因の場合は、なにかしらの鼻の病気のせいで、普段から口を開け っぱなしの人が多いです。鼻で呼吸しずらいので、口で息をしてしまうのです。 それが睡眠時にも起こるので、いびきをかきやすい状態なのです。 鼻が原因のいびきは、粘膜が振動して起こります。 鼻が原因のいびきの場合は、蓄膿症や花粉症が原因の場合も多く、その検査を し、治療するといびきが治る方もいます。

喉の治療
喉に対して治療を

喉が原因でいびきをかくかたは、喉に対して治療をうけると、直接的で効率的な対策方法になるのも 基礎的知識です。また、いびきの原因と効率的な対策方法とは、関係なさそうように思われがちですが、 肥満体質の人も、喉の内部が狭くなっているので、いびきをかきやすいというのも事実です。

その2肥満が原因のいびき

さて、次のいびきの原因と対策について先に少し述べた「肥満」についてです。肥満の人は、そうでない人とくらべるといびきをかく人が多いです。なので、肥満の人にとって対策法の一つはその原因となる体 重を減らすことがまず一番にです。

肥満体質

なぜ肥満体質の人達が、いびきをかきやすいのか、その原因の詳細をみてみると、身体についてしまう脂肪は、身体の外 側につくだけでなく、内側にもついてしまう、というのが基礎的知識になります。ですので、当然、顎や首回り、上気道の内側にも脂肪が付いてしまうのです。この状態になると上気道が狭くなるので、これがいびきをかきやすくなる原因になってしまうのです。つまり、同じ人物でも、平均的な体型の場合には、この脂肪という、原因がないので、いびきをかかなかった人でも、体重が増えることによって、いびきをかく割合が増すことになるのです。なので、いびきをかきたくない人は、その原因となる肥満を効率的に解消する 対策方法として、体重を減らさなければならないのです。

いびきの音の大きさも人それぞれ

ポイント もちろん、肥満の人が全員いびきをかくわけではないですし、いびきの音の大きさも人それぞれ違います。ただ、 統計的に平均体重の人より肥満の人のほうがいびきをかきやすいのも事実です。いびきの原因となる 肥満を解消する対策で体重を落とすのに食事のカロリーを減らしつつ、適度な運動も同時に行うことが重要です。

また、肥満は、いびきの原因だけでなく、色々な病気の原因にもなるので、少しでも早く効率的な対策を実行したほうがよいです。いびきの対策方法と同時に近年注目を集め突然死の原因でもある無呼吸症候群など 他のさまざまな病気対策にもなるのですから、ダイエットをしない手はないですね。

その3寝相が原因のいびき

いびき

次のいびきの対策方法をご紹介します。まず、眠るときに、どんな姿勢で寝ている でしょうか?仰向け、右向き、左向き、うつ伏せなど人により、いろいろな寝相があるでしょう。当然、一番 眠りやすい姿勢で寝ているはずですが、姿勢によるいびきは、仰向けが 一番多い、という点を抑えておきましょう。

では、なぜ仰向けが一番いびきの原因となるのでしょうか。仰向けがいびきの大きな原因となるのは、気道部分 がふさぎやすくなってしまうからというが、一番の原因です。これは、仰向けに寝ると、舌が喉の奥に落ちや すくなることが原因だったり、口蓋垂が下がってしまうことが、いびきの原因だったりします。これらにより、上気道 が狭くなっていびきの原因になるのです。先にもでましたが、上気道をふさいだり狭くしたりしないことが、 いびきの対策の基本になります。

寝るときの姿勢を気を付ける

ポイント横向きやうつ伏せでもいびきをかく人はいますが、仰向けよりはかなり少なくなります。もちろん、仰向けに寝ていても全員がいびきをかくわけではありません、友達との旅行先などで同じ部屋で寝るときはこの寝るときの姿勢に注意すると、いびきを抑えることができやすくなります。

いつもの姿勢でないと、しっかり寝られないと思うかもしれませんが、一緒にいる人達にいびきで迷惑をかけるの が心配で寝られないよりは良いですよね。これは、誰でも簡単にできいびきの原因を解消できる 方法なので、しっかりと押さえて是非実行してみましょう。慣れない姿勢でも、いび きが原因で他の人に迷惑がかからなければ安心して眠れますよ。


https://www.hotel-bed.net/
スタジオモーツァルトのマタニティヌードとは


その4疲労が原因のいびき

さて、次のいびきの原因は「疲労」に関してです。普段はほとんどと言ってよいほ ど、いびきをかかない人でも、疲労が蓄積してくると、その疲労が原因で、 いびきをかくことが多くなります。寝不足による疲労もそうですし、過酷な肉体労働が原因の疲労も同じく 疲労自体がいびきの原因になります。

疲れた人

疲労が蓄積している時に、人間の身体は睡眠中、より多くの酸素を取り込もうとします。そうなると、 鼻からだけの呼吸では酸素が足らず、口からも酸素を取り込もうとしてし まいます。そうすると、上気道の振動が増し筋肉の緩みもひどくなるので、舌が喉の奥に落ち てしまい、いびきをかいてしまうのです。

精神的な疲労でさえも影響してしまう

ポイント例えば、ご家族の中でもいつもはいびきはかかないのに、旅行先では、いびきをかく、という人も多くいます。これは旅行先などで、普段と違う場所で動きまわることで、疲れがでてしまいそれが原因となりいびきをかいてしまうのです。先にも少し紹介した、疲労とはいっても様々で、肉体的な疲労は当然ですが、精神的な疲労も影響するのです。

なるべく疲労を蓄積させないことが、疲労が原因のいびきの対策法ですが、具体的には、 睡眠時間をしっかりとり、その日の疲れを次の日にもちこさないことが基本です。また、疲労を全 くためないのは無理なので、疲労をためにくいように一日の行動を考えておくことも大切です。 疲労がたまればたまるほどいびきをかきやすいので、その原因を取り除ける生活を目指すのです。


https://shounani.co.jp/


その5飲酒が原因のいびき

お酒

次のいびきの原因と対策法は飲酒です。まず、お酒をよく飲む方はそれが原因でいびきをかきやすくなります。このケースも、普段はいびきをかかない人も酒を飲んで眠るといびきをかきやすい、というのが証明されています。当然このタイプの対策は、酒を飲まないということです。

酒を飲むとなぜいびきをかきやすくなるか原因をみてみましょう。酒は身体に対するリラックス効果があり身体の筋肉が緩ませます。このせいで、上気道の筋肉も緩んでしまいます。そうなると、上気道が狭くなり喉の粘膜の振動が増してしまいいびきの原因となります。

酒を睡眠前に飲まないこと

ポイント 酒が好きな人達にとっては大変ですが、いびきをかきたくないなら、原因となる酒を睡眠前に飲まないことが対策です。酒を飲んでいる時より、飲んでいない時のほうがいびきをかきにくいので、酒を飲まないのはきついですが、いびき対策には必要な対策です。

酒が本当に原因かどうか確認するには、睡眠中なのでご家族にいびきをチェック してもらいましょう。 頼めるような人がいないなら、録音機で録音しながら寝て、起きてからご自身のいびきを確認してもよいです。調べてみて、やはり酒を飲んだ時にいびきをかいているなら、先の通りいびきの原因が酒ということになるので、酒を飲まないことがもっとも効率的な対策法です。酒を飲んでなくてもいびきをかいているなら、他の原因を探していく必要があります。

その6老化が原因のいびき

老化

最後のいびきの原因と対策法は「老化」に関してです。老化は人間であれば、誰もが避けて通れない道であることは間違いありません。そして、いびきの原因の一つにもこの老化があるのです。それではなぜ老化がいびきの原因となってしまうのかを見てみましょう。

老化現象は全身の筋肉を緩めますので、これまでご説明した他のいびきの原因と同様に、上気道の筋肉も緩めてしまいます。つまり、呼吸する空気の通り道が狭くなるので、粘膜の振動が増してしまいいびきの原因となります。また、老化により、酸素を取り入れる量も減るので、多く酸素を取り入れようと、鼻だけでなく、口からも酸素と取り入れようとして呼吸するので、これもいびきの原因になります。

他のいびきの原因を解消すること

ポイント いびきの原因が老化であっては、その老化、という原因自体に対して対策法がない、というのも残念ながら事実です。しかし、これまでご説明した、老化以外が原因のいびきに対する対策法、例えば、仰向けに寝ないことや、酒を飲まないこと、疲労を蓄積させないことなどで、他のいびきの原因を解消し、いびきを和らげることは可能なのです。これまでご紹介した、いびきの原因と効率的な対策法が少しでもお役に立てれば幸いです。