いびき外来があることも知っておきましょう

サイトマップ

トップバナー

手術

究極のいびき対策

どんな方法を試しみても、どんなグッズを試してみても、まったくいびきが解消できないという方はいますか?そのような方がたまにいるようで、とても悩んでいらっしゃるようです。そんな方に残された道は、「手術」という方法ではないでしょうか。もうこれは、究極のいびき対策と言っても過言じゃないでしょう。

たかが、いびきのために手術?といった方もいるでしょう。けれど、当人にとってはそれほどの大問題なのです。いびきというものは、睡眠時におこる問題です。いびきをかく当人はもちろん、周囲の方をも巻き込んでしまいます。激しいいびきとなれば睡眠を妨げることになるので、死活問題に値すると思います。

いびき外来

いびきのために手術までするのか、といった考えの方は、恐らく幸せな睡眠を取ることができているのでしょう。その方の知っているいびきは、あまり激しいものではないのかもしれません。そのいびきの手術ですが、誰でも手術を受ければいびきが改善されるものではありません。どんな方法やグッズでも、いびきの解消にならないような場合というのは、生まれつき上気道が狭いなどといった原因が考えられます。 また、扁桃や口蓋垂の肥大化といったことも考えられます。

このような場合は、外科的な措置、つまり手術をしての改善しか道はありません。手術しないと、いびきはなくならないでしょう。けれど、手術をしてしまえば、それらが原因で起こっていたいびきは解消されます。ですが、手術というのは怖いものでもあります。様々な方法を試しても改善されなかった場合の、最後の手段として行うことをお勧めします。最近は病院に「いびき外来」というものが存在します。専門で見てくれるというのは嬉しい限りですよね。

寝る姿勢・アルコール

ポイント

いびきをできるだけかかないようにする方法を知っていますか?多くの方法がありますが、インターネットで検索すればたくさんでてきますよね。それだけ多くの人がいびきで困っているということです。自宅で自分でもできるいびき対策もあります。簡単にできるもの、興味深いものからどんどん試してみるとよいです。

1人では、自分のいびきがどんな感じなのかわかりませんね。ご家族がいらっしゃるかたは、その方法が本当に効果的だったかどうか、聞いてみることにしましょう。一人暮らしの方でしたら、録音するなどして聞くしか方法はありませんんえ。誰かに聞いてもらうのもよいですが、やはり自分のいびきくらいは自分で聞いたみたいものですよね。

原因となるものを排除
深い睡眠

まずは、いびきの原因をつきとめて、原因となるものを排除していきましょう。そして、いびき対策をしっかりと行ってゆきましょう。まずは、とても簡単な方法からお話します。寝る時は仰向けに寝ないようにしましょう。これだけで、かなりのいびきを軽減できます。仰向きに寝ますと、舌が喉の奥のほうに落ちてしまって上気道が狭くなるために、いびきを発してしまうようになります。これは横向きに眠ることで防げます。

他には、アルコールの過剰摂取を避けることです。旅行などのときは難しいかもしれませんが、就寝前のアルコー ルはいびきをかきやすくします。もし他人と同室で迷惑をかけたくないと思うのでしたら、 アルコールはたしなむ程度にしておきましょう。このふたつは、いつでも簡単にできるいびき対策です。両方 を一緒に実行すると、いびきをかかなくなるかたはたくさんいます。いびきが気になっている方は、ここから始めてみましょう。 深酒はいびきの大きな原因なので厳禁です。

いびきの原因と効率的な対策方法の基礎的知識