子供のいびきを観察して体の変化を見ることが大切です

サイトマップ

トップバナー

子供のいびき

子供がいびきをかくようになったら要注意

基本的に、子供はいびきをかかないと思って下さい。子供がいびきをかくようになったら要注意です。『うちの子、大人顔負けのいびきをかくのよ~』という笑い話は笑えません。子供はすやすやと寝息をたてて寝るものなので、いびきをかくということは何かしらの原因で気道が狭くなっているということになります。

子供のいびきが多くみられる年齢

活発に動き回る子供が、遊び疲れ以外で日中も眠そうにしていたり、体がだるそうであるとしたら、それはいびきが原因の睡眠不足かもしれません。 無呼吸になると酸素不足となり、発達にも影響します。こどもがいびきをかいていたら、どんないびきなのかを観察して、総合病院の耳鼻科や小児科を受診してください。

子供のいびきが多くみられる年齢は、だいたい3~6歳くらいです。この年齢以外でもいびきをかくことはあるので、注意してください。下アゴが後ろに下がっている、もしくは小さい人は、舌を支えている範囲も狭くなります。そのため、仰向けに寝ると舌が喉の奥に落ち込んでしまうのです。結果、気道が狭くなり、いびきをかくようになります。

観察

ポイント

育ち盛りの子供に、いびきによる睡眠不足が続くと様々な影響がでます。例をあげると、身長が伸びない、体重が増えない、虚弱体質になる、運動能力が低い、などです。いびきが酷くなると、心臓にも負担がかかります。子供には体力がないため、睡眠時無呼吸症候群の症状があるのなら、呼吸困難のために突然死に至る可能性もあります。身体の発達に影響しますので、軽視しないようにしましょう。

大人である親が観察
親子

子供のいびきは、大人である親が観察してあげましょう。まずは、無呼吸になっていないか、無呼吸といびきを繰り返していないか、口呼吸していないかを見ます。それ以外では、夜中に頻繁に目を覚ます、睡眠中の寝汗がひどい、よく寝返りをする、おねしょの癖があるといったものです。日中は、遊び疲れているわけではないのに居眠りをしたり、眠気で元気がなかったりしないかも見ます。発育途中の子供のいびきは深刻なものです。本来かかない子供がいびきをかいているということは、体の変調のサインです。

いびきの原因と効率的な対策方法の基礎的知識