いびき対策よりも治療をすることが大事と理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

病気が原因のいびき1

鼻や喉の疾患はいびきに直結することも

病気が原因で、いびきをかくことは少なくありません。 鼻や喉の疾患ですと、いびきに直結することもあります。 あまり関係ないような、喉や鼻の病気以外でも、いびきをかいてしま う病気もあります。 たとえば、脳内出血です。 脳の血管が詰まってしまい、それが破裂してしまう病気です。

脳内出血を起こした瞬間、それまで普通に眠っていた人が、突然おおきないびきをかき始めるのです。 普通にしていたといっても、脳内出血を起こすくらいですから、かなり具合が悪い状態であります。 多くの場合が、少し横になっていたり、具合の悪さを周囲に訴えかけていることが多いです。 そんな時に、急に大きないびきをかき始めます。 もちろん、周囲はかなり驚きます。

脳内出血の可能性

もしこのようなことがあったのなら、脳内出血の可能性を疑って下さい。 緊急を要しますから、救急車を呼ぶか、かかりつけの医師に連絡しましょう。 脳内出血の場合ですと、いびき対策などいってる余裕はありません。 脳の意識がなくなってしまったために、舌が喉の奥に落ち込んでしまい上気道を狭くしているのが原因で、大きないびきをかいてしまっているのです。

脳の意識がないということは、とても大変なことです。 このような場合のいびきの場合は、特に要注意ということになります。 「具合が悪いので、ちょっと横になる」などと言って横になった直後、大きないびきをかいた、といった運びが危険なパターンです。 命にかかわることですので、よく覚えておきましょう。 こういった状況でのいびき対策は無用です。 早急に救急車を呼ぶことが先決です。

睡眠時無呼吸症候群

ポイント

皆さんは「睡眠時無呼吸症候群」という病気を聞いたことはありますか。 最近、よく話題になっていますね。 これは、字のままの意味でして、睡眠時にしばらくの間、呼吸が止まってしまうという病気です。 この病気になっている方の多くが、いびきをかきやすいといわれています。

睡眠時無呼吸症候群を説明すると、三つのタイプにわかれています。 多いタイプが「閉塞型」と呼ばれているタイプです。 「閉塞型」は、呼吸した空気が鼻から喉へ行くときに通る道が詰まってしまうことで、呼吸が止まってしまいます。 残りの二つは「中枢型」と呼ばれるタイプと「混合型」と呼ばれるタイプでして、それほど多くありません。

「中枢型」と「混合型」
犬と睡眠

「中枢型」の場合、脳からの「呼吸をしなさい」という命令が、呼吸をする各筋肉に対して発せられなくなってしまいます。 このため、呼吸そのものが停止してしまうのです。 「混合型」は、閉塞型と中枢型の両方の要素を併せ持ったものです。

治療が難しいのは、中枢型と混合型です。 どのタイプにも共通しているのは、いびきと無呼吸状態が睡眠時に繰り返されることです。 閉塞型の場合は、この病気を治療することで、自然といびきもなくなっていくとおもいます。 この病気が原因でのいびきの場合の対策は、やはり病気を治療することしかないでしょう。 睡眠時無呼吸症候群になりますと、他にもいろいろと弊害が出てきます。 早急に、いびき対策よりも治療をするべきなのです。

いびきの原因と効率的な対策方法の基礎的知識