根本的な部分の改善がいびきを治すことにつながると理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

病気が原因のいびき2

一般的ないびきとは少し違った音

いびきの原因が病気というパターン、実は多かったりします。 鼻や喉の病気は、どうしてもいびきに直結することがほとんどです。 例を挙げると、「鼻中隔穿孔症(びちゅうかくせんこうしょう)」という病気になります。 この病気は鼻の怪我や手術、もしくは結核や梅毒といった病気で、鼻の中核に穴が開いてしう病気です。 この穴が小さいもの場合、鼻で呼吸をするたびに笛のような音が鳴ります。

これは、一般的ないびきとは少し違った音となります。 ですが、就寝中の音というのは他人に聞こえますと迷惑ですので、治療したいですね。 「鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」という病気は、鼻の真ん中にある仕切りが曲がってしまう病気です。 本来、真ん中にあるはずの仕切りが曲がってしまうことによって、鼻を通る空気の流れが乱れてしまいます。 そのために、音を発してしまうのです。

根本的な部分を改善すること

他にも弊害がありまして、仕切りが曲がることにより、鼻が乾燥しやすくなってしまいます。 そうなると、どうしても口呼吸になり、舌が喉に落ち込んでしまいます。 それが原因となり、いびきを発生してしまうのです。 他にも、「肥厚性鼻炎」などという病気があります。 鼻の粘膜に慢性的な炎症があると、鼻の粘膜が厚くなってしまい鼻づまりを起こすという病気です。

他の病気と同じく、そこから、口呼吸がはじまっていびきを発するようになる、といったしくみになります。 「蓄膿症」という病気も、いびきを引き起こす場合があります。 副鼻腔という空洞に細菌が入り込んしまうと炎症を起こします。 この炎症が、慢性的な鼻づまりや鼻水となり、やがては口呼吸へと発展します。 そして、いびきをかくということになるのです。 これらの病気からくるいびき対策は、どうしても病気の治療と言わざるを得ません。 上辺だけのいびき対策は無意味です。 根本的な部分が改善されなければ、何をやっても効果が得られることはないでしょう。

アデノイド肥大

ポイント

病気が原因のいびきの対策はば、とにかく病気の治療です。 根本的な原因を取り除かないといびきも改善しません。 つまり、いびき対策と病気の治療はイコールなのです。 まずは、どのような病気が原因となりいびきが発生しているのかを知りたいですね。 それがわからなければいびき対策へと進めません。

いったい何が原因となっていびきを発生させているのか、という根本的な部分を知ることが何よりも大切なのです。 いびきをかく病気というのは、想像以上にたくさんあります。 喉に関する病気を挙げますと、「アデノイド肥大」というのがあります。

アデノイドは生まれつき大きな方もいる
医師の診察

アデノイド肥大というのは、喉の奥にあるアデノイド(咽頭扁桃)が、なんらかの原因によって大きくなることです。 このアデノイドは、生まれつき大きな方もいます。 この部分が大きいと、鼻の後ろ側の空気の通り道が塞がれてしまうことになります。 そのため、口呼吸になりやすく、それが原因でいびきを誘発してしまいます。

風邪を引いたときなどによく腫れる「扁桃腺」も、いびきの原因となる病気です。この病気は、腫れて大きくなった扁桃腺 が、呼吸した空気の流れを妨げてしまうために起こります。また、「巨舌症」というのもあります。 巨舌 症とは、生まれつき、舌が平均よりも大きな場合を指します。 舌が大きいということは、上 気道をふさいで狭くすることになり、いびきの原因になります。生まれつき舌が大きいという方 は、幼少のころから大きないびきをかくことがあります。親御さんでお子さんのいびきに気付いたらまず受診してみたほうが よいでしょう。

いびきの原因と効率的な対策方法の基礎的知識