一番のいびき対策は病気を治すことであると認識しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

病気が原因のいびき3

ある日突然かきはじめるというパターン

一緒に眠る家族のいびきがうるさいと感じたことはありますか。文句をいってしまったり、寝室を別にしてしまうといった対応をしてる方も多くいます。これを機会に、そのいびきの原因を探ってみましょう。何か病気が原因で、いびきが増えてしまうこともあります。

注意して欲しいのは、今まで特に、そんなにいびきをかくことなどなかった人が、ある日突然かきはじめるというパターンです。こういった場合は、病気が原因になっている可能性を疑って構わないと思います。いびき対策をするならば、まずはいびきの原因を突き止めることが先決です。

いびきをかく病気

いびきをかく病気色々ありますが、甲状腺の機能が低下した場合にもいびきをかきます。こちらの病名は、「甲状腺機能低下症」と言います。 甲状腺から出る甲状腺ホルモンというホルモンは、新陳代謝をコントロールするホルモンです。これが減少することによって、身体のあちらこちらに浮腫みが起こります。喉や舌までもがむくんできます。そうなりますと、上気道が狭くなってしまい、いびきをかくようになってしまいます。

「上気道抵抗症候群」という病気も、いびきに繋がる病気です。この病気は、睡眠中に気道の抵抗が大きくなってしまう病気でして、息を吸えなくなってしまうので、意識的に努力をしないなりません。そして、それによっていびきもかいてしまいます。無呼吸にはなりませんが、それでも血液中の酸素が少なくなってしまいます。その為に、睡眠中に何度も目を覚ましてしまいます。この病気は毎日が睡眠不足となり、昼間も強い眠気に襲われることが多くなります。一番のいびき対策は、やはり病気を治すことです。逆に言えば、いびきから、これらの病気を発見することができます。 いびきには充分に注意しましょう。

いびき対策

ポイント

いびき対策のひとつに、仰向けに寝ないというのがあります。 ですが、いざ眠ってしまうと意識がないまま寝返りをうってしまい、仰向けになる可能性は高いと思います。 では、どうしたらよいのでしょうか。 寝返りを打っても仰向けにならないようにすれば良いですね。

敷布団の右か左かどちらかに座布団を入れて少し高くしましょう。 これで寝返りを打っても、完全に仰向けにはなりません。 この時、座布団などの厚みによって傾斜が少しできるくらいの高さにしておくのがポイントです。 完全に仰向け状態にならなければよく、いびき対策になります。

枕の高さにも注意
うるさいいびき

枕の高さにも注意してください。 枕が高すぎると、上気道を狭くしてしまいます。 いびき対策としましては、空気の通り道を広げてあげた方が好ましく、低めの枕がちょうど良いです。 上気道の広さに注目しますと、肥満のかたも上気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。 もし、いびきで悩んでいる方で肥満体型というのでしたら、まずはダイエットをしましょう。 スタイルが良くなる上にいびきもなくなるのでしたら、一石二鳥ですね。

鼻や喉の病気があるという方は、病気の治療をすることがいびき解消につながります。 ですが、病気でもないのに、いつも口呼吸をしているという人がいます。 口呼吸もいびきの大きな原因のひとつです。 普段から意識して、鼻で呼吸するようにしましょう。 普段から鼻呼吸ですと、睡眠時でも鼻で呼吸できるようになるでしょう。 風邪や花粉症の方は、どうしても鼻づまりになってしまいます。 そういったどうしようもない場合は、他の方法も試してみるようにしましょう。

いびきの原因と効率的な対策方法の基礎的知識